スキンケアを行うには色々と方法はありますが、顔だけを行うのではなく体もケアすることが大切です。スキンケア1つで美肌を保つことなどができるので、当サイトをご覧になり参考にしてみてください。

肌の高保湿美白で大切なこと

紫外線でメラニンができる様子

肌のシミや黒ずみはメラニン色素のせいですから、保湿と美白は一見関係なさそうに思えます。しかし肌の潤いを保つことが、実は美白ケアにおいても大切な意味を持っています。その最大の理由は、皮膚に含まれる水分が紫外線を防いでくれるからです。逆に乾燥した肌は、紫外線を吸収して刺激を受けやすくなります。この刺激に反応してメラニン色素が生成され、シミやくすみの原因になります。また乾燥した皮膚はトラブルを修復する力が弱く、いつまでも色素の沈着が残ってしまいます。潤いのある肌はターンオーバーが早く、たとえメラニン色素ができても沈着しにくいので、白さを保つことができます。こうした観点から生まれたのが高保湿美白の考え方です。
一般に美白化粧品と保湿化粧品は系統が違い、相反する作用を持っている場合もあります。そのため高保湿美白を実践するには、肌の乾燥しやすい日中は保湿化粧品をメインに使い、有効成分を吸収しやすい夜は美白化粧品でケアするのが大切です。どちらかというと美白成分は刺激が強く、紫外線に弱い性質もあるので、日光を浴びる昼間には向いていません。また日焼けでダメージを受けた肌にも、まずは保湿ケアを優先すべきでしょう。
最近では両方の効能を兼ね備えた、高保湿美白ローションやジェルなども発売されています。保湿成分としてはセラミドやヒアルロン酸、美白成分としてはビタミンC誘導体が代表的な成分です。保湿成分で潤いを保ちながら、長期的に美白を実現する効果が期待できます。なお香料や着色料を使用しない敏感肌用の商品もありますが、人によっては合わないこともあるため、強い刺激などの異常を感じたら使用を控えることが大切です。